競技者登録について


考えられる登録の状態(2020年度まで)

   
中学校のバスケ部で登録
中学校のバスケ部で登録し、町クラブでも活動
町クラブで登録
町クラブで登録し、中学校のバスケ部にも所属
Bユースで登録
Bユースと中学校のバスケ部で登録(重複可能は2020年度まで)
Bユースと町クラブで登録(重複可能は2020年度まで)
登録なし

*Bユースへの登録は、男子のみ。

*Bユース+中学校、Bユース+町クラブの二重登録は、2020年度までの暫定措置となっています。2021年度以降は、二重登録できません。

 


登録・活動と参加できる試合の関係表

  登録 活動場所 中体連への出場*1 リーグへの出場 DC事業への参加
中学校 中学校のみ 中学校
中学校 中学校+町クラブ 中学校
町クラブ 町クラブのみ × 町クラブ
町クラブ 中学校+町クラブ 町クラブ
Bユース Bユースのみ × Bユース
B+中学校 Bユース+中学校 Bユース
B+町クラブ Bユース+町クラブ × Bユース
登録なし どこでも ○*2 × ×

*1 中体連とは、ブロック大会、県総体、近畿総体、全国総体を含む中体連主催の大会をさします。

*2 中学校で活動している場合は、出場できます。

 

その他(JBAホームページより)

【移籍について】

1 U15カテゴリーにおいて、選手が移籍を希望する場合、移籍元チームは移籍を拒否することはできません。(JBA 基本規程第117 条)

2 年度初めに登録した選手は、その年度内1回に限り移籍が認められます。
例えば、3 年⽣が中体連総体まで中学校(部活)で登録し、部活動引退後にクラブへ移籍することは可能となります。

3 一家の転住等に伴い転校した場合は、移籍の回数にはカウントしません。(JBA 基本規程第112 条②)

4 移籍手続きは、当該大会のエントリー前までに⾏うこととします。大会中の移籍は不可です。